意外に忘れがちな特定商取引法に基づく表記のページ

ネットショップの運営を始める際に、商品の説明やネットショップのデザインに集中しすぎて意外に忘れがちなのが特定商取引法に基づく表記のページです。

必ず必要なページではありますが、地味なページである為に運営を始めてしばらくしてからページを用意していなかったという事に気が付くという人も少なくはありません。

義務ですので必ず用意するのを忘れないようにして下さい。
可能であれば自分のネットショップ内に特定商取引法に基づく表記のページを作る事をおすすめしますが、複数のネットショップを運営しようと思っている場合は外部に用意して全てのネットショップにそこへのリンクを貼る方法もおすすめです。

特定商取引法に基づく表記のページには所在地や連絡先などの個人情報を表記する場所が存在します。これは法人ではなく個人の場合でも同様です。

つまり、ネットショップを運営する場合は必ず個人情報をインターネット上に公開する必要があるわけです。
そういった事には抵抗があるという人も多いかも知れませんが、特定商取引法に基づく表記のページの設置が義務である以上どうしようもありません。

もちろん虚偽の情報を表記する事も出来ません。
その為、一人暮らしの女性でネットショップの運営を諦めたという人も多いのではないでしょうか?

しかし、コワーキングスペースを利用する事で個人情報の公開をしなければいけないという事が無くなります。

コワーキングスペースを利用する事で特定商取引法に基づく表記のページに個人情報を載せずに済む理由ですが、コワーキングスペースの住所は法人登記が可能だからです。コワーキングスペースのみではなく、レンタルオフィスやバーチャルオフィスも同様の理由で個人情報を特定商取引法に基づく表記のページに載せずに済みます。

どうしても自宅の住所や電話番号を知られたくないという場合は女性に限らずそういったサービスの利用をおすすめします。

特定商取引法に基づく表記のページの設置を忘れたからと言ってすぐに大きなペナルティを科される事はありませんが、長期間設置しない事で何らかの行政指導を受ける可能性は十分にあります。

特定商取引法に基づく表記のページは作成するのも設置するのもそれほど手間が掛かる事はありませんので、今現在何らかの理由で設置していないというのでしたらこれを機に今日にでも作成、設置をして下さい。

テンプレートを使用する事で短時間での作成、設置が可能です。